<助成金のメリットとは?>

 
助成金活用ガイド
メニュー
助成金の基礎知識
助成金を目的別で探す
取扱助成金一覧
当サイトについて
助成金受給の“コツ”
ご近所社会保険労務士
助成金受給診断
助成金無料レポート&小冊子
助成金セミナー情報
メールマガジン
助成金に関するQ&A
リンク
助成金チェッカー(求人ver.)






助成金活用ガイドホームへ リクルート サイトマップ
助成金のメリットとは?

        
助成金は活用したほうが断然良い! 〜PART 1

助成金という言葉は知っているけど、『どんな助成金があるかわからない』『やり方がわからない』『手続きが面倒』『うちみたいな零細企業には縁がない』と言って助成金を活用しない経営者の方がたくさんおられます。とてももったいないことです。
 
なぜ助成金を活用しようとしないのでしょうか?

本業の売上、利益、経費削減にはシビアにされてる経営者の方々が、いざ助成金となると上記のような理由でなかなか本腰になりません。我々から見るとこんな有効な経費削減は他にはないと思っています。
助成金は国が返済不要で支給するお金です。助成金を使わない手はありません。


ここで助成金を活用した場合どういう効果があるのか見ていきましょう。

例えば、新規創業される方が対象となる「受給資格者創業支援助成金」は創業にかかった経費の
1/3が助成される助成金です。
これは1/3の経費が削減できるということになります。

開業資金が1,000万円、創業経費が600万円、運転資金が400万円だったとすると、創業にかかった経費600万円の1/3、つまり200万円が助成金として助成してもらえます。
結果、創業経費が400万円で済んだことになります。
通常600万円で見込んでいた創業経費が400万円に抑えられ、200万円が経費削減できました。
浮いた200万円は何に使うのか?
自由に使います。
仕入れに使っても良し、広告宣伝費に使っても良しと、事業拡大のために今まで計画していた金額+200万円のことができます。これは開業間もない会社にとっては大きいものではないしょうか?もちろん浮いた200万円はそのままプールして必要な時に使っても良いでしょう。
経費削減の画像

通常なかなか1/3の経費削減は達成できません。
しかし、助成金は申請をして認定されれば経費削減が可能になります。助成金は企業の大小に関係なくどんな企業でも条件さえ満たせば平等に支給されます。(一部、大企業には適用されない助成金があります)
助成金を活用するメリットは上記の例からも経費削減に効果を発揮するとお解かり頂けると思います。




助成金は活用したほうが断然良い! 〜PART 2
         
次は助成金の見方を少し角度を変えて見てみましょう。

先ほどのPART 1の例で受給できた助成金200万円は国から贈られたプレゼントです。返済の必要はありません。
この200万円、よく考えてみると、“タダ”で貰ったお金=利益率100%の売上利益と見ることができます。
実際、経理処理でも収益として計上することから(※助成金の経理処理を参照)助成金は立派な利益なのです。

200万円の助成金は売上利益(売上−売上原価)200万円で見ると,、どれほど凄いものなのか分析してみました。
売上利益200万円を達成するためには、
・利益率50%の会社の場合、売上400万円必要
・利益率30%の会社の場合、売上670万円必要
・利益率20%の会社の場合、売上1,000万円必要
売上利益の画像
どうでしょうか?かなり凄い売上が必要になることが解ると思います。
上記の分析からも会社経営にとって助成金は、大変重要な位置づけをしなければならないものなのです。




助成金は活用したほうが断然良い! 〜PART 3

PART 1、PART 2 では、会社の数字の部分を取り上げて助成金のメリットをご紹介してきましたが、PART3 では助成金がもたらす会社環境についてご紹介していきたいと思います。

助成金を受給するには一定の条件を満たさなければなりません。
実はこの一定の条件とは、ほとんどが会社を健全に経営していればクリアできる条件なのです。

例えば、助成金の条件には、「雇用保険の適用事業主であること」、「労働者名簿を備えていること」、「労働保険料を2年を超えて滞納していないこと」などの条件が頻繁に出てきます。
これらは一人でも労働者がいて、普通に会社経営をしていれば当然に満たされる条件なのです。
逆に満たされていない会社は法律違反をしている会社、又は、健全でない会社になります。

条件を満たしていない会社が助成金を受給するためにはこれらの条件を改善しなければなりません。
これらの条件はすぐに改善できます。
改善後、無事助成金を受給できれば、受給できたお金の額だけがメリットになるだけではなく、健全な会社への仲間入りという会社環境にも大きなメリットになります。
すなわち、

助成金を受給するために必要な準備をする=健全な会社を形成していく

なのです。

会社環境が良い会社は往々にして立派な会社に成長するものです。
例えば、株式上場している企業は成功している会社と言えるでしょう。
株式上場は業績が良いだけでは上場できません。
会社の透明性や健全性など法令を遵守した企業であるか厳しくチェックが入ります。厳しいチェックを受けて問題なければ晴れて上場となります。
このように会社環境の整備もこれから会社が発展していくためには重要なことなのです。




まとめ

PART 1〜PERT 3 までご紹介してきましたが、助成金を活用することによるメリットは理解頂けましたでしょうか?
助成金は、経営者の方にプラスになることはあってもマイナスになることは決してありません。
是非とも助成金を活用してください。




ビジネス・経営に役立つおすすめ無料レポート 
成功するための目標達成術
【サイト運営者の読書感想】
無料とは思えないボリュームです。やはり成功・幸運は勝手に向こうからやって来ないんですね。本書は成功するため、幸運を呼び込むためにはどうしなければならないのかについて書かれています。成功したい・目標がある人は、読む価値のある良質のレポートだと思います。
  






当サイトの人気ページ
「助成金アクセスランキング!!」
アクセス数によってみなさんがどんな助成金に興味を持っているのか一目でわかるように助成金のランキングをしております。
こちらからどうぞ。

「ご近所社会保険労務士紹介中!!」
あなたの身近な社会保険労務士さんを探すことができます。
近くにいる社会保険労務士さんを見つけるととても心強いですよ。
こちらからどうぞ。

 Copyright (C) 2006 助成金活用ガイド All Rights Reserved.                           助成金活用ガイド TOP