<離職者住居支援給付金>

 
助成金活用ガイド
助成金の基礎知識
助成金を目的別で探す
取扱助成金一覧
当サイトについて
助成金受給の“コツ”
ご近所社会保険労務士
助成金受給診断
助成金無料レポート&小冊子
助成金セミナー情報
メールマガジン
助成金に関するQ&A
リンク
助成金チェッカー(求人ver.)





助成金活用ガイドホームへ リクルート サイトマップ
離職者住居支援給付金

※離職者住居支援給付金は平成22年3月末日をもって廃止となりました。



<離職者住居支援給付金>


ご近所社会保険労務士さんはこちら


離職者住居支援給付金は、労働移動支援助成金のうちの1つで、事業規模の縮小等により離職を余儀なくされる労働者等に対し離職した労働者に引き続き住居を提供する場合に助成金が支給されます。


<ポイント!>
離職者住居支援給付金を受給するためには、再就職援助計画を立てることが必要です。




<受給できる事業主の要件>

●雇用保険の適用事業主であること

●住居支援のための再就職援助計画について、当該事業所の労働者の過半数で組織する労働組合等からその内容について意見を聴取した事業主であること

●住居対象者の離職後においても継続して離職時住居を提供する又は当該住居に要する費用を賃貸人に対し直接負担する事業主であること

●離職時住居について、離職後においても居住人数(家族等は除く)を増加させない事業主であること

●住居支援対象者の離職前の雇用関係及び出勤状況を明らかにする書類及び住居支援対象者の自己負担額がある場合、それを明らかにする書類を整備している事業主であること

●支給対象期間の終了予定日の2週間前までに、当該事実を告知する事業主であること




<住居支援対象者とは>

次のいずれにも該当する者が住居支援対象者となります。

@雇用保険法第25条第1項の規定による認定を受けた住居支援のための再就職計画に係る計画対象労働者であること
A離職前において雇用保険の被保険者であること(日雇労働被保険者を除く)
B離職日の前日以前から事業主より直接住居の提供を受けている者であること
C再就職先が未定である者又はこれに準ずる状況にあると認められる者であること



<助成対象期間>

助成対象期間は、離職日の翌日から次のいずれかに定める日までとなります。
@住居支援対象者の離職日の翌日から起算して6支給算定月(6か月)が経過した場合は、その経過した日
A支給対象事業主が住居支援対象者への住居の提供を中止した場合は、その中止した日
B住居支援対象者が、自己都合のために住居を離れた場合は、その住居を離れた日
C住居支援対象者が雇用保険の被保険者として就職した場合は、被保険者となった日の前日



<助成金受給額>

助成金の受給額は以下の表の通りになります。

都道府県 支給額
埼玉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県 6万円
青森県、宮城県、秋田県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、新潟県、
石川県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、奈良県、鳥取県、
島根県、広島県、香川県、福岡県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県、
5万円
北海道、岩手県、山形県、福島県、富山県、福井県、長野県、岐阜県、
和歌山県、岡山県、山口県、徳島県、愛媛県、高知県、佐賀県、大分県、宮崎県
4万円







※この助成金についてわからない場合は“地元の社会保険労務士”に相談してみよう。

ご近所社会保険労務士さんはこちら

ビジネス・経営に役立つおすすめ無料レポート 
成功するための目標達成術
【サイト運営者の読書感想】
無料とは思えないボリュームです。やはり成功・幸運は勝手に向こうからやって来ないんですね。本書は成功するため、幸運を呼び込むためにはどうしなければならないのかについて書かれています。成功したい・目標がある人は、読む価値のある良質のレポートだと思います。
  



当サイトの人気ページ
「助成金アクセスランキング!!」
アクセス数によってみなさんがどんな助成金に興味を持っているのか一目でわかるように助成金のランキングをしております。
こちらからどうぞ。

「ご近所社会保険労務士さん紹介中!!」
あなたの身近な社会保険労務士さんを探すことができます。
近くにいる社会保険労務士さんを見つけるととても心強いですよ。
こちらからどうぞ。

.
 Copyright (C) 2006 助成金活用ガイド All Rights Reserved.                           助成金活用ガイド TOP