<助成金に関するQ&A>

 
助成金活用ガイド
メニュー
助成金の基礎知識
助成金を目的別で探す
取扱助成金一覧
当サイトについて
助成金受給の“コツ”
ご近所社会保険労務士
助成金受給診断
助成金無料レポート&小冊子
助成金セミナー情報
メールマガジン
助成金に関するQ&A
リンク
助成金チェッカー(求人ver.)



助成金活用ガイドホームへ リクルート サイトマップ
助成金に関するQ&A


ビジネス・経営に役立つおすすめ無料レポート 
成功するための目標達成術
【サイト運営者の読書感想】
無料とは思えないボリュームです。やはり成功・幸運は勝手に向こうからやって来ないんですね。本書は成功するため、幸運を呼び込むためにはどうしなければならないのかについて書かれています。成功したい・目標がある人は、読む価値のある良質のレポートだと思います。
  


助成金に関する質問をまとめました。
助成金に関する疑問点などがありましたらこちらをご参考にしてください。
こちらのQ&Aでも解決出来ない場合はご近所社会保険労務士さんより相談相手を探してみよう。


<助成金全般について>
Q1 このサイトで取り扱っている助成金とはどんな助成金ですか?
Q2 助成金は返済不要ですか?それとも返済しなければなりませんか?
Q3 助成金を活用することのメリットとは何ですか?
Q4 何か活用できる助成金がないか探しています。どうやって探したら良いですか?
Q5 助成金を確実に受給できる方法はありませんか?
Q6 助成金を受給するための最低条件はありますか?
Q7 当社は従業員2人の零細企業です。このような零細企業でも助成金は受給できますか?
Q8 助成金は課税対象になりますか?



<新規起業・異業種進出関係について>
Q1 これから会社を設立しようと考えているのですが、何か良い助成金はありませんか?
Q2 会社を設立した後に助成金の存在を知りました。まだ助成金は受給できますか?
Q3 新規起業・異業種進出関係の助成金で共通していることは何ですか?



<労働者の雇用関係の助成金について>
Q1 助成金を受給するためには公共職業安定所(ハローワーク)からの雇入れでなければだめですか?
Q2 雇入れた労働者が受給要件を全て満たす前に自己都合で退職しました。この場合、助成金は受給できませんか?
Q3 雇入れに関する助成金が何種類もありますが、何種類でも助成金は受給できますか?



<助成金全般について>

Q1 このサイトで取り扱っている助成金とはどんな助成金ですか?
A1 当サイトで取り扱っている助成金は厚生労働省所管の助成金になります。
詳しくはサイトコンテンツにある助成金の基礎知識の"はじめに"をご覧ください。
Q2 助成金は返済不要ですか?それとも返済しなければなりませんか?
A2 当サイトで取り扱っている助成金は返済する必要は全くありません。
受給条件に該当すればほとんどの会社が返済不要で受給できます。
(一部大企業は受給できません)
Q3 助成金を活用することのメリットとは何ですか?
A3 助成金を活用することのメリットは様々あります。
助成金は返済不要なため経費削減になります。
また会社環境をより健全にしていく効果もあります。
詳しくはサイトコンテンツにある助成金の基礎知識の"助成金のメリットとは?"をご覧ください。
Q4 何か活用できる助成金がないか探しています。どうやって探したら良いですか?
A4 やはり専門家に相談することが一番です。
当サイトでご紹介している助成金の専門家は社会保険労務士です。
一度ご相談してみてはいかがでしょうか。
尚、社会保険労務士さんを容易に探せるよう「ご近所社会保険労務士さん」のページがございますので、地元の社会保険労務士さんを探してご相談されると良いでしょう。
Q5 助成金を確実に受給できる方法はありませんか?
A5 基本的にどの助成金も条件にさえ当てはまっていれば手続きを間違わない限り確実に受給できます。
助成金を確実に受給するためには助成金の基礎知識の"助成金受給の“コツ”"をご参考にして頂ければと思います。
Q6 助成金を受給するための最低条件はありますか?
A6 当サイトで取り扱っている助成金は雇用(ヒト)に関する助成金ですので雇用保険に加入している会社が対象となります。
新規創業などこれから会社を始められる方は雇用保険に加入していなくてもかまいませんが、将来的に加入することが条件になります。
Q7 当社は従業員2人の零細企業です。このような零細企業でも助成金は受給できますか?
A7 もちろん条件に当てはまりさえすれば助成金は受給できます。助成金は中小企業に手厚い制度となっています。どんなに小さな会社でも条件さえ合えば助成金は受給できます。
Q8 助成金は課税対象になりますか?
A8 はい、助成金はほとんどが課税対象になります。
詳しくは助成金の基礎知識の“助成金の経理処理”をご覧ください。



<新規起業・異業種進出関係の助成金について>

Q1 これから会社を設立しようと考えているのですが、何か良い助成金はありませんか?
A1 これから会社設立を予定している方向けの助成金はいくつかあります。
詳しくは当サイトの"新規起業・異業種進出の助成金"から該当する助成金があるかお調べ頂けます。
Q2 会社を設立した後に助成金の存在を知りました。まだ助成金は受給できますか?
A2 会社を設立してから現在までどれくらい経過したかにもよりますが、会社設立後でも受給できる助成金はあります。
会社設立後でも受給できる助成金は、高年齢者共同就業機会創出助成金、中小企業基盤人材確保助成金などがあります。
Q3 新規起業・異業種進出関係の助成金で共通していることは何ですか?
A3 いずれの助成金も新規起業・異業種進出後、労働者を雇用して雇用保険の適用事業主にならなければなりません。
当サイトで扱っている助成金は企業の雇用保険料で賄われていますので、雇用保険の適用事業主になることが条件になっています。



<労働者の雇用関係の助成金について>

Q1 助成金を受給するためには公共職業安定所(ハローワーク)からの雇入れでなければだめですか?
A1 そのようなことはありませんが、ほとんどが公共職業安定所(ハローワーク)からの紹介でなければならない助成金です。新聞の折り込み求人チラシなどは助成金の対象になりません。
詳しくは"労働者の雇用に伴う助成金比較表"ページをご参照ください。
Q2 雇入れた労働者が受給要件を全て満たす前に自己都合で退職しました。この場合、助成金は受給できませんか?
A2 個々の助成金によって変わってきますが、ほとんどの場合は助成金の対象になっている労働者が退職するまでの日数分が受給できます。
Q3 雇入れに関する助成金が何種類もありますが、何種類でも助成金は受給できますか?
A3 同一の事由に関する助成金については要件を満たす助成金が何種あっても受給できる助成金は1つだけとなります。同一事由でなければ何種類でも助成金を受給することができます。


当サイトの人気ページ
「助成金アクセスランキング!!」
アクセス数によってみなさんがどんな助成金に興味を持っているのか一目でわかるように助成金のランキングをしております。
こちらからどうぞ。

「ご近所社会保険労務士紹介中!!」
あなたの身近な社会保険労務士さんを探すことができます。
近くにいる社会保険労務士さんを見つけるととても心強いですよ。
こちらからどうぞ。

.
 Copyright (C) 2006 助成金活用ガイド All Rights Reserved.                           助成金活用ガイド TOP