<トライアル雇用(試行雇用)助成金>

 
助成金活用ガイド
メニュー
助成金の基礎知識
助成金を目的別で探す
取扱助成金一覧
当サイトについて
助成金受給の“コツ”
ご近所社会保険労務士
助成金受給診断
助成金無料レポート&小冊子
助成金セミナー情報
メールマガジン
助成金に関するQ&A
リンク
助成金チェッカー(求人ver.)



助成金活用ガイドホームへ リクルート サイトマップ
トライアル雇用(試行雇用)奨励金


<トライアル雇用(試行雇用)奨励金>


トライアル雇用奨励金とは、最初の短期間を試験的に雇用し、労働者の仕事の順応度や適正をその期間で判断してから正式な労働者として雇用する制度を 設置した会社に対して、助成される奨励金です。別名、試行雇用奨励金と言います。

<ポイント!>
公共職業安定所(ハローワーク)に求人票を出し、安定所より紹介を受けた労働者であることが必要です。




<受給できる事業主の要件>

●雇用保険の適用事業主であること

●以下の@〜Hのいずれかに該当し、公共職業安定所に求職申込みをしている者のうち、試行雇用(トライアル雇用)を経ることが適当であると公共職業安定所長が認める者を、安定所の紹介によりトライアル雇用として雇入れた事業主であること
@中高年齢者
A若年者等
B母子家庭の母等
C季節労働者
D中国残留邦人等永住帰国者
E障害者
F日雇労働者
G住居喪失不安定就労者
Hホームレス

●安定所からトライアル雇用に係る職業紹介を受ける以前に、当該職業紹介に係る対象者を雇用することを約していないこと

●資本、人事、取引等の状況からみて、対象労働者を雇用していた事業主と密接な関係でないこと

●トライアル雇用を開始した日の前日から起算して6ヶ月前の日からトライアル雇用終了までの間において、雇用する雇用保険被保険者を事業主都合により解雇したことがないこと

●トライアル雇用を開始した日の前日から起算して6ヶ月前の日からトライアル雇用終了までの間において、トライアル実施事業所において、特定受給資格者となる離職理由によりその雇用する被保険者を3人超え、且つ、当該雇入れ日における被保険者の6%に相当する数を超えて離職させた事業主でないこと



<助成金受給額>

トライアル雇用を実施する労働者1人につき月額40,000円が最大3ヶ月間支給されます。



<助成金の受給までの流れ>

助成金の受給までの流れ          @求人票にトライアル雇用に関する事項を記入して求人募集を行います。

Aトライアル雇用奨励金の対象となる労働者は、中高年齢者(45歳以上)、若年者等(40歳未満)、母子家庭の母等、障害者、日雇労働者、ホームレス、季節労働者となります。

B対象労働者のうちの障害者、日雇労働者、ホームレスの対象労働者はこの計画書の提出は不要です。

Cトライアル雇用奨励金の支給申請はトライアル雇用が終了した翌日から起算して1ヶ月以内です。
「トライアル雇用結果報告書」と「試行雇用奨励金支給申請書」を提出しなければなりません。

Dトライアル雇用奨励金が指定の銀行口座に振り込まれます。




※この助成金についてわからない場合は“地元の社会保険労務士”に相談してみよう。

ご近所社会保険労務士さんはこちら

ビジネス・経営に役立つおすすめ無料レポート 
成功するための目標達成術
【サイト運営者の読書感想】
無料とは思えないボリュームです。やはり成功・幸運は勝手に向こうからやって来ないんですね。本書は成功するため、幸運を呼び込むためにはどうしなければならないのかについて書かれています。成功したい・目標がある人は、読む価値のある良質のレポートだと思います。
  





当サイトの人気ページ
「助成金アクセスランキング!!」
アクセス数によってみなさんがどんな助成金に興味を持っているのか一目でわかるように助成金のランキングをしております。
こちらからどうぞ。

「ご近所社会保険労務士紹介中!!」
あなたの身近な社会保険労務士さんを探すことができます。
近くにいる社会保険労務士さんを見つけるととても心強いですよ。
こちらからどうぞ。

.
 Copyright (C) 2006 助成金活用ガイド All Rights Reserved.                           助成金活用ガイド TOP